【γ-GTP(ガンマGTP)数値の正常値Q&A】

 γ-GTP(ガンマGTP)数値の正常値Q&Aでは、ガンマGTP数値の正常値・基準値、ガンマGTP測定検査の目的、肝臓機能障害・肝脂肪の可能性についてQ&A方式で初心者向きに解説しております。

γ-GTP(ガンマGTP)数値の正常値Q&A

 γ-GTP(ガンマGTP)数値の正常値Q&Aでは
●γ-GTP数値の正常値・基準値
●γ-GTP測定検査の目的
●肝臓機能障害・肝脂肪の可能性
●アルコール性肝障害の種類
 など、γ-GTP血液検査に関連する肝臓疾患の情報について、「初心者の方にもわかりやすい解説を!」というコンセプトをモットーにQ&A方式でイラストや表を用いながらγ-GTP(ガンマGTP)について解説しております。
 また、定期健診・健康診断などでγ-GTP血液検査を受ける前の注意点、γ-GTP血液検査と並行して実施されることが多い肝機能検査に関する情報も多く掲載しておりますのでご参考となれば幸いです。

肝臓の構造

 ガンマGTP血液検査は主に肝機能障害の可能性が検討される場合に肝臓の状態を確認する為に行われる検査です。
 肝臓は心臓の体循環システムの中で肝動脈と門脈から栄養の供給を受けながら体内の成分調整やアルコールの分解など非常に多くの機能を担っている重要な臓器です。

肝臓の図

 しかし、この肝臓の最大の特徴には肝機能障害などが発症しても初期段階においては自覚症状がほとんど現れないという特徴があります。
 この特徴が「肝臓は沈黙の臓器」と呼ばれる由縁でもあります。

 この沈黙の臓器である肝臓の病気を発見できる多くのケースは健康診断などの定期検診などです。

 今まで特に自覚症状もなく自分は健康であると思っていた方が健康診断などの検査によってガンマGTP数値が上昇していることを発見するようなケースが大半です。


ページのトップへ

γ-GTP(ガンマGTP)数値の正常値Q&A(一覧)


サイトマップ  プライバシーポリシー  お問い合わせ